カニはからだにいい?

カニって相当たくさん食べてもあまり苦しくなったり、次の日気持ち悪くなったりしませんよね。

それはカニがダイエット食と言っていいくらいとても優れた食べ物だからです。

カニの栄養素を書いていきましょう。


まず、タウリン。
タウリンは血圧を下げたり、肝機能を回復したり、疲労回復する効果を発揮します。

次に、鉄分。
鉄分は貧血予防に役立ちます。


ビタミンやミネラル。
美容にも健康にも総合的によいですね。

キチン。
コレステロールを抑え、動脈硬化などを防止する効果があります。
また、免疫力を高めて自然治癒力を回復させる効果も。

グルコサミン。(キチンの中に含まれる)
関節細胞の新陳代謝を高め、軟骨の再生力を回復させてくれます。
炎症を抑えるので、痛みも緩和してくれます。

コンドロイチンとヒアルロン酸
お肌の保湿力を高め、ぷるぷるの肌を実現してくれます。

カニはこんなに栄養が豊富でいながら、低カロリーという夢のような食べものなのです!!

(お値段は高いですが)


関連記事

  1. おいしいタラバガニはどう選ぶ?
  2. かにを自分で茹でるとしたら?